循環型解体、現地調査へ!

昨日、循環型解体の広沢建設の廣澤節子さんと共に現地調査に行きました。
場所は、西尾市のリゾート地、吉良温泉近くにある吉良ワイキキビーチの高台にある築130超の古民家です。お問い合わせくださった方のご友人のお宅でしたが海岸の高台にあり歩いて坂を上がって行くようなのどかな場所でした。その変わり解体するにはとても不利な条件が揃っておりまた。

ご紹介くださった方の古民家がすぐそばにあり、そちらでお茶をご馳走になったのですが、その建物は現在趣味の家として昼間利用されていて、満月の夜などお仲間が集まって宴をされるようですよ。海面に映る月がなんとも言えない美しさだそうです。

窓や建具を解放した古民家から見おろす穏やかな波の音が聞こえてきそうな三河湾の景色と鳥のさえずりにとても癒されましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です