本日の「丸玉舎」

2月になり、古材ギャラリー「丸玉舎」のオーナーの長田様が

床の間飾りを2月バージョンにして下さいました。

この書は奥様のお父様である、書家の佐々木嵓邦先生の作品です。

昨年、豊田市で開催された展示会に出品されていた中の一つです。

私の中にも、とても印象に残っていた書でした。何だかかわいらしいんですよね。

これは木目込み人形の「立ち雛」です。

美濃和紙のスタンドのピンク色がとてもマッチして日本らしさを

物語っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です